田野畑

HOME最新情報☆トピック ≫ 最新型ウクレレマイク開発に、関わらせていただきました☆ ≫

最新情報/LIVE情報☆トピック

最新型ウクレレマイク開発に、関わらせていただきました☆

Zephyr...そよ風のように。

 

キワヤ商会さんとガッチリ二人三脚で、長年...唯一の和製ウクレレの歴史を守り続けてきた、前橋~三ッ葉楽器さん☆

Zephyr~ゼファーという名を冠した三ッ葉楽器製ブランドの歴史に、ここ数年かけて密かに開発されてきた新型マイクが、いよいよその姿を現し、ラインナップに加わりました☆
詳細〜三ッ葉楽器さんのウェブサイトへは、上の写真をクリックしてみてください☆

 

この新しいマイクは、今までのウクレレ用のピックアップ・マイクとはまったく、考え方を異にするもの。だって、ほんとうに「マイク」なのですから!

 

既製の商品のほとんどは、楽器のボディ、あるいは弦そのものの振動を電気信号に変えて出力するもの。ところがこのマイクは、、、いわゆる空気の振動を、そのまま拾う、文字通りの「マイク」なのです。。。

三ッ葉楽器の大澤社長さんが、長年、ウクレレのピックアップの音に納得いかず、もっとウクレレそのままの音を増幅してスピーカから出すことはできないのか?との熱い想いで、群馬県の研究所、そして大学の研究とも協力し合いながら、多角的にデータを収集、そして、それらを元に現場で起こりうるあらゆるトラブルに対処できるような、まったく新しいマイクを完成させるに至ったのです☆

実はどぶゆき、この開発にずっと関わらせていただいてきたのです。

 

 

大学の研究では、ウクレレの材による音の変化から、人への影響、サウンドそのものの脳波への影響などの研究にはじまり、、実際の研究資料になる音源の製作まで。

そして並行して、マイクの実戦テストに次ぐ実戦テスト。

大きなホールから、会議室のような場所、そして壁の反響なしの「無響室」まで、あらゆる場面でどれくらいの音量で大丈夫か、また、音そのものはどうか...実際に愛用しているピエゾマイクとの比較はどうか...などなど、主に、実戦でのデータ収集を、節目節目で担わせていただきました。

 

 

ほんとうに、足掛け3年。

最初のテストは、試作品ごく初期のもので、群馬フラワーパークでの初夏のイベントでのことでした。

その時は、その後ずっと関わることになるとは思わなかったのですが(笑)、サウンド感覚、フィードバック含め、いろんな意味で信頼していただけたことは、ほんとうに光栄だったという以外に言葉が見つかりません。。

 

 

その後何度かは、ほんとうにぶっつけで本番テストもありました(笑)。

しかし、その度様々な現場でのトラブルに見舞われ、なかなか秘められたその能力をお伝えするには至らなかったという状態でした。。いよいよ完成に近づいてきたという知らせをいただいていた昨年夏からしばらくして、遂にひととおりの完成を見たモデルの、プロトタイプによる最終?実戦テストもかねたお披露目ステージに、これまた一週前のお話ですが(苦笑)、前橋~三ッ葉楽器さんを訪ねたのです☆

 

 

マイクそのものはボディ内部に組み込まれていて見えないのですが...コレ!現段階では少々ガッチリしたボックスですが...まー、このね、持ち手を含めたルックスのプリアンプ、なんと男の子ゴコロをくすぐる!姿でしょう!!!

 

 

 

 

オールド・ヴィンテージのエフェクターを思わせるルックスに、ツマミ!

 

 

 

で、実際のサウンドは...いつもながら、ほぼぶっつけ本番(笑)。今までの経緯もあるのでかなり慎重に臨んだのですが...!

なんと、ノン・トラブルにして、

全くの未体験ゾーンサウンド!!!

 

 

 

現状多少のトレブリー感はあるのですが、そのあたりは回路の微調整で整えて行ける範囲とのこと。

それよりも...メロウなナンバーでの、、、なんとも言えない甘いサウンド、そして、ピエゾタイプと違って、フレットを上がっていった際の音の目減り感が、想像よりはるかに少なく、、メロディをくっきり浮き立たせてくれていて...ハイフレットでメロディを奏でる際の扱いやすさ~取り回しのしやすさといったら、これは本当に未体験ゾーン!でした。

当初からの問題であったハウリング対策も、もう完璧。

バンドサウンドに混じっても、全く問題なし。というか、大きな音に混じってもすごく抜けが良いのです。。

従来のピエゾタイプとはまた違った抜けの良さ☆

 

 

これは...本当に、どエライものを完成させてしまったのでは???

 

 

さて。今後の展開に、大いに期待しましょう!!!

引き続き、三ッ葉さんのZephyrウクレレに搭載したものをテストしてゆくので、どこかのライブでそのサウンドを体験していただくことがあるかもしれません☆

 

 

三ッ葉さん、研究所梶原さん、そして開発スタッフの皆様、本当におめでとうございます☆

 

 

さて。この日は...

 

 

 

 

まずは、いきなりの社内披露(笑)☆このプロジェクトに関しては、社内でもほとんど情報をクローズしたいたのだとか。。。

工場内午前ライブです(笑)。

 

 

 

 

 

続いて、前橋駅近のプチステージさんにて、お披露目ライブ☆

こんときは、もう関係各皆様、スーツでのご来場とあり、、、いやはや、なんとも緊張しましたよ(苦笑)☆

一時間弱、それもまたまたほぼぶっつけで、いろんな曲を試しながら、、慎重にテスト兼「お披露目」!

歌って、カラオケと合わせて、インストして、ハワイアンして、最後は暴れて(爆)と、まー、ほぼどぶゆきのできる範囲では色々試しましたが...まったく問題なし!それより、スローナンバーでの甘いサウンドの心地よさに、弾きながら酔ってしまいそうでしたよ!

結局、機材はガチで実戦で使い倒してみないとわからないことがたくさんあって、あ、これは個人的な意見ですけどね。大体の機材は、もったいないけど一度買って、実戦で何度かガチで使って、使うのをやめる(笑)パターンでしか、結局わからないわけなのですが、この新型マイクははもう、いきなり実戦いけましたもの☆リハなしで(笑)。

 

 

いやー、本当にホッとしました&うれしかった!!!!

 

 

 

 

この後は、ライブハウスに移動。続いてギター用マイクのお披露目です☆ところが、ここでまた無茶振り(笑)。普段ギターのテストでいてくださっている方がこの日はいない!ということになり...なぜかウクレレ担当のアタシが、ガシガシギターを弾く羽目に(笑)。

 

 

 

いやー、これまたひっさびさにガチで実戦ギター弾いて、しかも...バンド付きさ!

指痛いのなんのって(苦笑)。

 

 

 

しかし!

途中からはもう、お披露目役であることなど忘れてしまって?(爆)、バンドに熱中☆

 

 

 

が!

ここでも、ベースとドラムを従えての、アコギ・サウンドであるにもかかわらず、ハウリングを起こすこともなく、素晴らしい能力を発揮してくれたマイク&プリアンプ、なのでした!!!ぜんぜん音埋もれないし、単音で弾いてもバンドに消されないし、、、☆

ぼくのギターにも、ぜひつけてください!!!!

(笑)。

 

 

 

 

ずっとライブハウスでのテストを担当してくださった音響中村さん。

最初のテストのときからずっと、音質に関しては大絶賛してくださり、貴重なアドバイスやデータをたくさん提供してくださったのです☆

 

 

 

 

 

 

この日はキワヤ商会専務さんも!

 

 

 

 

 

そして、なぜか弾かされる羽目になった(笑)同じくキワヤ商会・森さん!!

 

 

 

 

 

有意義かつ、記念すべき1日となったのでした☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に商品として量産体制に入るまではもう少しかかるそうですが...ご興味のある方はまず!三ッ葉楽器さんをお訪ねください☆

http://www.mituba-kk.com/index.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

...心地よいそよ風が舞ったこの日、前橋はまだ、桜満開!でしたよ☆

 

 

 

 

 

期待の新型マイク完成!本当におめでとうございます☆

モバイルサイト

Daisy☆Dobuyuki ukuleleスマホサイトQRコード

Daisy☆Dobuyuki ukuleleモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!